×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬だけに頼らずにうつ病の克服を目指すサイト
薬に頼らないうつ病克服

思考を整理する

image-7.gif(8568 byte)

うつ病になると常に物事を悪く捉える歪んだ思考になります。他にも何もかもが手遅れだと考えたり自分はいつも駄目だ、みじめな人間だと考えます。例えば多額の借金で苦しんでいる場合、もう手遅れだ、駄目だ死ぬしかないという短絡的、極端な考え方になります。

思考が正常ならどうでしょう?多額の借金があった場合、まず借金を作ってしまった事を反省しますよね。そしてその借金を返す為の計画をたてます。でも計画に無理があり返せそうにないとなったら自己破産する手もあるなと考えます。つまり正常な思考なら色々な選択肢を模索しながら建設的に考える事ができるのです。

今辛い事があってそれがストレスで死にたいと思っているなら一度考えを整理してみましょう。例えば学校や会社でのイジメや仕事のストレスで死にたいと考えているなら学校や会社に行かないという手段もありますよね。もちろん学校に行かなければ将来の就職に困るし仕事をしなければ生活に困るのでそれを勧めているわけではありませんが、死ぬという選択より生きる選択なのでずっと前向きですよね。

それに学校や会社は別の所に変えるとか仕事を辞めても病院でうつ病と診断されれば障害年金を受給できる場合があります。但しうつ病の時に環境を変えるのは大きなストレスになるので一時静養して回復してからの再出発になります。うつ病を治すにはストレスの元となっている事から離れるのが効果的です。大事なのは絶望的に考えず、整理して考えれば何に対しても色々な手段がある事を知る事です。

思考を整理できない時は

常に悲観的に考える歪んだ思考を正す効果的な心理療法があります。認知療法や認知行動療法と呼ばれている方法で、自分の歪んだ思考を客観的にとらえて正常な思考へ変えていくという心理療法です。一見効果が薄そうと思うかもしれませんが実はうつ病にとても効果的な方法とされています。

私自身もうつの酷い時に認知療法を何度か行ったのですが確実に効果を実感できました。ただうつの辛い時に認知療法をやる気力がわかないという事もあるので気が向いた時にでもやってみる事をお勧めします。認知療法に関しては書籍で販売されていたりインターネット上でやり方を説明している所もあります。

インターネット上で公開されている認知療法で信頼の高い所では日本認知療法学会が配布しているうつ病の認知療法・認知行動療法(患者さんのための資料)のマニュアルがあります。無料でダウンロードできるので興味があれば目を通してみて下さい。資料を見る気力が無いという方には一人でできる認知療法を用意しています。

更新情報とお知らせ
3月4日、瞑想を試してみようを掲載しました。
トップページ > 思考を整理する