薬だけに頼らずにうつ病の克服を目指すサイト
薬に頼らないうつ病克服

死んではダメ

image-6.gif(8072 byte)

死んではダメなんて言っても人間はいずれ死ぬのだから無理な話ですよね。私が言いたいのは自殺しないでという事ですが死にたいと思っている人はどうして苦しみながら生きていかないといけないのかという疑問にぶつかります。

死にたいと思っている人に「生きていればきっといい事がある」という言葉はよく使われますが、これはまやかしにしか聞こえないでしょう。どうして生きていかなければいけないのか、自殺してはいけないのかの疑問に完璧な答えはきっとありません。

私も何度も死にたいと思ったしどうやったら誰にも迷惑をかけずに自殺できるかを考えている時期がありました。でもうつ病から脱しつつある今は特に生活環境が変わったわけでもないのに全くそう思わないし自殺を考えたりする事もありません。

うつ病になると物事を白か黒か、可能か不可能か、善か悪か、0か100かといった具合に極端な思考に陥ります。生きる=辛い、死ぬ=楽といった極端な選択肢しか思い浮かばないので次第に死にたいという気持ちに支配されます。

生きる事は確かに辛い事かもしれませんが生き方にも色々あるという事に目を向けましょう。一般的でなければいけないとか普通でなければいけない、この位はできなければいけないといった決め付けが自分を苦しめている原因かもしれません。

人間なら誰だってくじける事があるし死にたくなる事もあります。でも生きていなければ何もできないし生きているからこそ生き続ける事に挑戦できるのです。ただ生きているだけでも素晴らしい事であり、ありがたい事なのです。

生きている事に幸せを感じよう

「生きていればきっといい事がある」はあながち嘘でもありません。うつ病の時には何を食べても美味しいとは思わないし何に対しても興味がわきません。逆に悪い出来事や悪い情報にばかり敏感になります。だから生きている事が常に辛いと感じるのでしょう。

普段全く意識していない事を少し意識してみませんか?何かを食べた時にそれがどんな味がするか、のどが渇いて水を飲んだらどんな気持ちになったか、何かを食べたり飲んだりできるのはとても幸せな事なのにそれが当たり前のようになって幸せが無意識のうちに通り過ぎていないか意識してみましょう。

生きていれば多くの幸せがあります。宝くじが当たるとか素敵な異性と交際できるとか大きな事じゃなくても普段通り過ぎている小さな幸せに気付き幸せと感じられるだけで心は満たされます。何かを見たり聞いたり感じたりできるだけでこの世に生まれてきた幸せだと言えます。

更新情報とお知らせ
3月4日、瞑想を試してみようを掲載しました。
トップページ > 死んではダメ