×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬だけに頼らずにうつ病の克服を目指すサイト
薬に頼らないうつ病克服

心の落ち着く飲み物

image-14.gif(7116 byte)

心の栄養補給のページと内容的に若干の繋がりがありますが、このページではあまり栄養補給に関係なく個人的に飲むと心が落ち着くと感じる飲み物を下で紹介していきます。

緑茶

自分はうつで辛い時でも熱くて苦い緑茶を飲むと不思議とリラックスできます。緑茶に含まれるカフェインには覚醒効果があると言われていたり、うつ病になるリスクを下げるという研究結果もあるようです。但しカフェインの取り過ぎは不眠の原因になったり中毒になると逆に精神を不安定にするようです。

緑茶にはタンニンも含まれておりカフェインと結びついて効果を抑制するのでコーヒーなどと比べるとカフェインの効果は緩やかなようです。コーヒーと違って飲み過ぎが体に悪いという話を聞きませし、就寝前を避けておけばビタミンCも取れて体にも心にもいい飲み物だと思います。

コーヒー

カフェインを含む飲み物の代名詞と言ってもいいコーヒーですが一日に二、三杯程度ならカフェインの悪影響を殆ど気にする必要はないようです。人によってはカフェインの覚醒効果で倦怠感から解放されると言う方もいますし私もコーヒーは好きです。

コーヒーの香りにはリラックス効果があると言われており、中毒にならない程度に摂取する分には精神的にもいい飲み物だと思っています。ただうつ病の薬を服用されている方はカフェインを控えた方がいいとも言われています。

デカフェ、カフェインレスコーヒー

カフェインを気にされる方やうつ病の薬を服用されている方にはカフェインレスコーヒーをお勧めします。カフェインレスだったりデカフェの名前の付いているコーヒーは大体95%から98%ぐらいのカフェインがカットされていてカフェインを気にすることなくコーヒーを楽しめます。

近所のお店に置いてなくてもネットで購入する事ができます。ドリップタイプの物だと一般的なインスタントコーヒーよりも美味しく香りも良いのですが、同じタイプのコーヒーと比べて割高な値段になっています。

甘酒

甘酒は豊富なブドウ糖とビタミンB郡や必須アミノ酸を含む飲料で成分が点滴に似ている事から飲む点滴とも呼ばれています。甘酒には9種類の必須アミノ酸の内、セロトニンの原料になるトリプトファンも入れて8種類の必須アミノ酸が含まれています。

名前に酒と付きますがアルコールは殆ど含まれていません。味の好き嫌いで言うと嫌いな方ですが、うつ病で食欲の無い時に飲む点滴で栄養補給だと思えば何とか飲めるし、殆ど何も食べてない日でも最低限の栄養補給ができたと安心できます。

個人的に苦手な飲み物

牛乳

牛乳はセロトニンの原料になるトリプトファンも摂取できるし栄養価の高い飲み物とされていますが私個人は牛乳が苦手です。牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるので体質的に合わないようですが、牛乳有害説を見てからはますます飲めなくなりました。牛乳の加工食品であるヨーグルトやチーズは大丈夫だったりしますが自身で合わないと思う物は積極的に取らないほうがいいかもしれませんね。

更新情報とお知らせ
3月4日、瞑想を試してみようを掲載しました。
トップページ > 心の落ち着く飲み物