×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬だけに頼らずにうつ病の克服を目指すサイト
薬に頼らないうつ病克服

心の栄養補給

image-13.gif(7165 byte)

精神に悪いもののページでもうつ病とセロトニンの関係に触れましたが、食と心の安定には一定の関わりがあります。セロトニンはトリプトファンというアミノ酸を原料に体内でビタミンB6と合成され作られる神経伝達物質で、快楽に関わるドーパミンや恐怖、不安に関わるノルアドレナリンを落ち着かせて心を安定させる役割があります。

セロトニン不足が全てのうつ病の原因ではないにしろ、心を安定させるセロトニンの原料のトリプトファンは積極的に摂取していきたいですよね。トリプトファンは取りすぎるのも良くないとされていますが一般的な食品にはそれほど多くのトリプトファンは含まれていないので心配する必要はなさそうです。

そこで下ではセロトニンの原料となるトリプトファンやビタミンB6を含む食品を紹介していきます。

バナナ

うつ病で食欲が減退している時に規則正しい食生活を送るのは難しいですよね。そんな時にでも何とか食べられる物でトリプトファンを含む食品にバナナがあります。トリプトファンの含有量は100g当たり10mgと特別多くはありませんが、ビタミンB6も同時に摂取できてエネルギー源としても優秀とされています。食欲が無くて食事が辛い時はバナナを一本食べておくだけでもそれなりの栄養補給ができます。

ヨーグルト

牛乳自体にもトリプトファンが含まれていますがヨーグルトは更に多くのトリプトファンが摂取できるようです。wikipediaの記載ではトリプトファンの含有量は100g当たり47mgとなっていますがヨーグルトにも色々な製品があるので摂取できる量にはばらつきがありそうです。ただヨーグルトは免疫機能を高めたり体にいいのは有名なのでバナナと一緒に食べておくと最高の朝食になります。

納豆

日本人に馴染みがありトリプトファンを多く含む食品に納豆があります。トリプトファンの含有量は100g当たり240mgあり、ビタミンB6も含んでいるためセロトニンの原料としても優秀です。納豆の原料である大豆は昔から畑の肉とも呼ばれており栄養価は抜群で、納豆が苦手な方は豆乳でも100g当たり50mgのトリプトファンを摂取する事ができます。

肉類

牛肉や豚肉には100g当たり200mg前後のトリプトファンが含まれている上、ビタミンB6も同時に摂取できます。お肉を食べると元気になった気分になるのもこれが関係しているのかもしれませんね。他にカツオやマグロといった魚肉にも多くトリプトファンが含まれています。結局の所、あまり意識しなくてもしっかりした食生活を送っていればトリプトファンやビタミンB6は充分足りている筈です。

更新情報とお知らせ
3月4日、瞑想を試してみようを掲載しました。
トップページ > 心の栄養補給